レポート「はじめまして、わたしたちが日体大SMG横浜です!」

2022年6月21日、「スプラス青葉台」で「日体大女子サッカー部 CHEER meeting 〜はじめまして、わたしたちが日体大SMG横浜です!〜」が開催され、毛利美佑選手、文道真音マネージャー、大西若菜選手の3人が参加しました。

日体大女子サッカー部 CHEER meeting 〜はじめまして、わたしたちが日体大SMG横浜です!〜
https://spras-aobadai.net/1540/

このイベントは、日体大SMG横浜のことを地元の方々に知っていただくこと、そして地元のサポーターを増やしていくことを目的に企画されたもので、進行はSMGホーム戦のスタジアムDJであるHACHIさんが務められました。

会場となったスプラス青葉台のイベントスペースには、ホームタウン協議会やサポーターズクラブBLUESの会員の他にも、スプラス青葉台の会員や、「女子サッカー界のことを知りたい」といった方など、”はじめまして”の方の参加もありました。

このイベントは、グループのテーブルに選手が座って話しをしたり、HACHIさんが用意してくださった100の質問や、参加者からの質問に答えたりと、多くの時間が選手と参加者の対話にさかれていて、クラブというより、選手中心。

だからこそ3人は自分の言葉で眼の前の方々に一生懸命に伝え、それを皆さんも丁寧に聞いてくださっていたのがとても印象的で、3人も「こんなに応援してくださる方々が自分たちの暮らすまちにいる」ということを実感できたようでした。

このイベントは、今度も毎月1回のペースで9月まで続きます。HACHIさんによると、「今後どういう方向に向かっていくかは参加者次第」とのこと。いろいろなイベントを通して地元の方々のサポーターを増やす施策を生み出したいと意気込みを語っていらっしゃったのでお楽しみに!

今後の開催情報は、SMGの各種 SNS、サポーターズクラブBLUESの メルマガスプラス青葉台 HPなどから発信されますのでぜひチェックしてください。

プレー中に関する質問と、日頃のことに関する質問では、3人の答えが思いっきり違っていて、そのギャップに驚いた方もいらっしゃったよう 笑。
ぜひ次回はさらに多くの方にご参加いただければと思います!