【事務局日記】夢でつながるエスコートキッズ

選手と審判団の入場を盛り上げてくれるエスコートキッズ。FIELDSの試合でも一般募集しています。どんどんご応募お待ちしています!

JFAサッカーQ&A によると、エスコートキッズは「フェアプレーキッズ」とも呼ばれ、子供たちに夢を与えるとともに、フェアプレー精神を大切にし、サッカーをする者はみな仲間である、とアピールする意味があるそうです 。

フェアプレーの象徴なんですね。なでしこリーグはフェアプレーのリーグだと思うので、ぜひ小さいお子さんにも観に来て欲しいなあと思います。

そして夢を与えるといえば、一昨年FIELDSでプレーした伊藤香菜子選手(現:ちふれASエルフェン埼玉)は日テレ・ベレーザ時代、 いまのチームメイトの長野風花選手と手をつないで入場したんだそうです。

■伊藤香菜子オフィシャルブログ「新加入選手紹介☆ふうか」

選手とエスコートキッズの関係から、17年の時を経て、いまはチームメイトに。夢のある話だー。

FIELDSでも将来、こういうことがあるかもしれないし、そうでなくても、お子さんにとって将来にわたる素敵な思い出になるといいなあと思います。

エスコートキッズへのご応募、お待ちしています。


BLUES会員募集中!

SCHEDULE



日体大FIELDS横浜は熱中症予防声かけプロジェクトを応援しています