【ショートコメント】福田選手(第5節 AC長野戦)

BLUESの「この日の一枚」はこちら。

後半14分、好セーブを見せる福田まい選手

福田選手「このシュートシーンの前に、味方が相手につられて、最終ラインのスペースを作られてたので、そのスペースにパスが出たらアプローチしようという意識を持っていました。予測通り、パスが出てきたのでシュートに対してアプローチをしました」

セーブやフィードだけでなく、味方へ指示を伝えるコーチングもゴールキーパーの重要な仕事。福田選手は「相手のやりたいことを予測して、やりたいことをやらせない守備構築を意識している」と言います。ぜひ彼女のコーチングも聞き耳を立ててみてください。

撮影: わたなべさとる

試合の模様はこちら!(日体大FIELDS横浜TV)
https://youtu.be/8Ui6vRsImak

(2020年8月15日 2020プレナスなでしこリーグ2部 第5節 vs AC長野パルセイロ・レディース)




日体大FIELDS横浜は「熱中症予防 声かけプロジェクト」を応援しています