【レポート】伊賀FC戦、伊藤さくら選手インタビュー

前節の日テレ・ベレーザ戦での大敗から中3日。そして大型連休最終日 ── 。日体大FIELDS横浜の選手たちは、サポーターに最高のプレゼントをくれました。

待ちに待った今季ホーム初勝利!

2得点をアシストした伊藤さくら選手に、試合後話を聞きました。


「おめでとうございます」と声をかけると、「ありがとうございます。勝ち点3が取れてよかったです」とやわらかな笑顔を見せてくれた伊藤選手。ここ5試合先発出場と自身も好調で、「大学4年」という最終学年にかける思いも強いようです。

「3年間ずっと、なでしこリーグの選手登録だけで、試合に出場できていなかったので、今年こそはと思っていました。私はゆり(今井裕里奈選手)やチアキさん(嶋田千秋選手)のように上手なプレーはできないので、自分の強みであるスピードを生かせればと思ってプレーしています」

両サイドをこなす伊藤選手

その強みを生かして、この試合ではスピードにのったプレーから2アシスト。特に1点目は、伊賀FCに傾いていた流れをFIELDSへ引き寄せる貴重な先制点でした。

「真ん中からゆりがいいボール出してくれて。それまではドリブルして相手に寄せられていたので、今度は早めに出そうと思って。得意の左足でしたし、キーパーとディフェンスラインの間に迷わず蹴りました」

このとき、李誠雅選手が走っているのが見えていたそうです。

李選手は以前、「自分は仲間を信じてゴールへ向かって走る」と言っていました。このときもそうだったに違いありません。伊藤選手からの思いのこもったクロスを、見事にダイビングヘッドで決めてくれました。

先制後、李選手と抱き合って喜ぶ伊藤選手

伊藤選手はこの日、2点目のコーナーキックなどキッカーも務めていました。

「風も見ながら、チアキさんが『左利きが蹴ったほうがいいんじゃない?』と言ってくれて、蹴らせてもらいました」

今後もスピードと左利きを生かした活躍が楽しみですが、そろそろ4年生は、就職活動や教育実習が架橋。練習や試合を休むこともやむを得ません。

両立は大変だと思いますが、サッカーも就職活動も、悔いのない一年にしてほしいもの。BLUESはどちらも応援しています!


BLUES会員募集中!

SCHEDULE



日体大FIELDS横浜は熱中症予防声かけプロジェクトを応援しています