【イベントレポート】プレナスなでしこリーグ2019開幕記者会見

こんにちは!BLUES事務局です。

いよいよ21日に迫った2019シーズン。18日になでしこリーグの開幕記者会見が行なわれ、日体大FIELDS横浜からは嶋田千秋キャプテンが参加しました。

今年はあらゆる面での積み上げを

JFAハウスで行なわれた記者会見には、なでしこリーグ1部の各チームから一人ずつ選手が参加。嶋田キャプテンは、初戦の相手であるINAC神戸レオネッサの副キャプテン、守屋都弥選手と登場です。

司会の西達彦さんから、昨シーズンに厳しい残留争いをしながらも終盤に連勝して残留を決めたなかで得たものについて聞かれ、「一年を通して、今までの人生で負けたことがないほど負けを経験し、精神的に鍛えられた」と回答したキャプテン。ほんとうにそのとおりでした。負けても選手たちは下を向いていませんでしたから。

また、今年積み上げたいものを聞かれると、「まだまだ未熟なチームなので、いずれリーグのトップを走るチームを目指すための一歩め。 技術も精神も、すべての面で積み上げていきたい」と回答。

選手が大きく入れ替わったことで、また新たな積み上げ直しが必要になります。しかしそれは、大学サッカー部を母体とするFIELDSの宿命でもあります。それを言い訳せず、逆に新たな伸びしろを期待する嶋田キャプテンがかっこよすぎました♡

さて、同じ神奈川にホームタウンをもつノジマステラ神奈川相模原さんからは、石田みなみ選手が参加。初戦の相手、マイナビベガルタ仙台レディースの安本紗和子選手と握手を交わしました。

ノジマステラさんは今年はトップを目指すと明言!日体大FIELDS横浜から3人移籍していますし、ダービーマッチは昨シーズン以上に楽しみです。

記者会見らしく、いろいろとフォトセッションが行なわれました。唯一のブルー、今年も目立っております(笑)。

記者会見後、嶋田キャプテンは浦和レッズの応援ラジオ番組から取材を受けました。レッズ戦の秘策?

すべての取材対応が終わったところで、嶋田キャプテンに日体大FIELDS横浜のファン・サポーターへ向けたボーズをお願いしました。

このポーズから嶋田さんの思いを受け取ってください。

ともに戦いましょう!!

(会見の全編は なでしこリーグチャンネル からどうぞ)


BLUES会員募集中!

SCHEDULE



日体大FIELDS横浜は熱中症予防声かけプロジェクトを応援しています