「田園都市で暮らす、働く、楽しむ トークフェスタ」に参加しました

2022年5月22日、スプラス青葉台で開催された「田園都市で暮らす、働く、楽しむトークフェスタ」に伊能真弥・谷口清夏選手、クラブスタッフの鷲澤未来さん(工藤建設)・飯田百合加さん(新富士病院グループ)、そしてホームタウン協議会の村野浩一さんが参加しました。

ピッチトークでは、飯田さんがクラブの成り立ちから現在までを紹介した後、村野さんが地元に応援できるチームがある幸せ、そして成長していく選手を地元の仲間と共に応援する楽しさについて語りました。

またマルシェでは、ホームゲームの「SMG横丁」に出ている「萬駄屋(よろずだや)」と出店。オリジナルグッズや、地元とコラボしたクッキーや梅干しに加え、地元の生産者さんからお預かりした加工食品を販売しました。

伊能・谷口両選手は、前日の広島戦の遠征(2連勝!)から戻ってきてこのイベントに参加。物販を担当し、他の出店者の方々ともご挨拶させていただきながら、初めてお会いする多様な地域の方々との交流をリラックスしたムードで楽しんでいました。

SMGがこの街に暮らす人々を応援し、人々から応援され、選手が卒業してもこのまちで働きながら大好きなサッカーに関わり続けられる ─ SMGがそんな「楽しさ」の循環を生む存在になれるといいなと思います。これからです。